家を建てる時の注意点!建蔽率と容積率

家を建てるために必要な知識とは

そもそも建蔽率とは

家を建てるとき、または住宅を購入するときに初めて知ることは多いです。 マンションやアパートならば、家具以外はほぼ揃っていると言っても過言ではありません。 電気、水道、ガス、電話線などのライフラインはほぼ整った状態です。 家を建てるときに知っておくべきことはなんでしょうか。

家を建てるということ

建蔽率とは、土地ごとに規定された数値であり、その土地の中でどのくらい建物が占めることができるかという数値(割合)のことです。
わかりやすい例で言えば、100平方メートルの敷地面積の土地において建蔽率50%とする場合、50平方メートルが建物に使用できる広さということになります。
つまり、建蔽率が大きければ大きいほど土地の活用範囲が大きくなり、建蔽率が小さい場合にはゆったりとした建て方となるということです。
建蔽率の上限は、都市計画によって用途やその地域などにより30%から80%で定められているそうです。
場所により緩和措置が取られるところもあり、建物の形状や立地条件などにより変わる場合もあるようです。
また、建蔽率の算出には幅が1メートル以内の軒や庇、バルコニーは含まれませんが、規定された建蔽率にそれらの条件も入ることから、その算出方法も難しくなります。
庇やバルコニー、出窓など、算入するか否かはそれぞれ規定があるので、制限いっぱいに建てる場合は気をつけたいところです。
ではなぜ建蔽率が規定されているのでしょうか。
災害時の安全確保や景観の維持などもあると思いますが、敷地内に一定の割合で空き地などを確保することで、採光や通風、また防火等の環境も整える目的があるようです。
快適に生活するための都市計画に基づき規定されているのですね。
気をつけなくてはいけないのは、増築においてもその規定は適用されます。
既存の建物にプラスして算出するので建蔽率内におさまっているかは確認が必要です。

容積率はなぜ必要か

建蔽率とセットで規定されているのが容積率ですが、やはり家を建てる際には大変重要な数値となりますので、おぼえておきたいところです。 建蔽率と容積率ともに、土地の価格も左右する重要なものですが、簡単に言えば、敷地面積に対する延床面積の割合のことです。

その他の制限も

きちんと規定されている建蔽率と容積率ですが、それ以外にも規定されていることはあります。 ほかでふれたように都市計画や防災などの観点から、いくつかの規定が存在します。 ベーシックな数値として建蔽率50%、容積率100%も目安になりますが、地域や場所によりそこだけの規定もあります。