そもそも建蔽率とは

一戸建てを建てたいけれど

家を建てるということは、マンションを購入するのとは大きく異なります。
予算や時間、そして家族の生活を考えてどのような家にするのかをイメージしながら、決めることがとても多いです。
それだけに楽しく、皆さんが一戸建てに住むだけの魅力があるのでしょうね。
マンションであればわかりやすい購入価格ですが、家を建てる場合には電気、ガス、外構工事などの費用もかかります。
その他付帯工事や検査などの費用も想定しておいた方がよいでしょう。
集合住宅ではないので、当然のことながら上記のような工事費も建築費の中に含まれます。
予算を組む際には大事なところです。
また、分譲ではないので土地探しと施工会社をご自身で探します。
新たな生活に向けてさまざまなイメージがわいてくる瞬間です。

土地には場所により異なる規制がある

家を建てるならば基本的なことですが、土地代プラス建物代ということになります。
ですので土地選びと施工会社選びが重要な要素になってきます。
自身がイメージしている家がその土地に建てることができるか、ということが重要ですが、気に入った土地がみつかれば、候補の施工会社の担当者に一緒にみてもらうのも1つの手段です。
その土地がとても気に入ったとしても、土地にさまざまな条件があることに注意です。
建築基準法の規制や行政の規制区域である可能性もあります。
土地には場所により異なる規制あることにご注意ください。
思い描いていた家ができない場合もあります。
よく知られているのが建蔽率や容積率ですが、すべての土地に一定ではなく場所により異なります。
しかも変更されることもあり、複雑な計算式が必要になる場合もあります。